味わい深い Wynton Kelly「Full View」

ピアニストのWynton Kellyでは、「Full View」というアルバムが好きです。
後期のアルバムですが、前期の頃よりトーンが落ち着いていて、味わい深いところが良いです。

ジャズピアニストは8分音符の弾き方にいろいろ個性があるんですが、この人のはめちゃくちゃ弾むのが特徴です。
Herbie HancockとかBrad Mehldauなんかも、この流れを汲んでると思います。
一見ぜんぜん違うスタイルですが、そのルーツを感じるのは楽しいですよ。

個人的に、学生の頃にジャズピアノを志して、まず目指したのは、Wynton KellyのリズムとBill Evansのハーモニーでした。
ぜんぜんできませんでしたが(笑)

2019年08月02日 | Posted in BLOG, NOTE | タグ: Comments Closed 

関連記事