ジャズのメロディーで使われるビバップスケール

Scaleビバップ

ジャズではダイアトニックスケールなど通常のスケールに、経過音(パッシングノート)を追加してラインを作ることがよくあります。
このスケールはビバップスケールと呼ばれており、コードに対して協和的なサウンドを作るのに役立ちます。

 

○メジャー系のコード進行で使われるビバップスケールをご紹介します。

譜面1段目のトニックであたるC6では、5度と6度の間に経過音が追加されています。

譜面2段目のドミナントにあたるG7では、7度と1度の間に経過音が追加されています。

 

○次にマイナー系のコード進行で使われるビバップスケールです。

譜面3段目のトニックであたるCm6では、5度と6度の間に経過音が追加されています。

譜面4段目のドミナントにあたるG7b9,b13では、7度と1度の間に経過音が追加されています。

 

↓よりPDFファイルをダウンロードしてご活用ください。
ビバップスケール

 

>> 林祐市ジャズピアノスクール生徒さん募集中

2024年03月01日 | Posted in 教材 | | Comments Closed 

関連記事