Bye Bye Blackbird

Bye Bye Blackbird
Ray Henderson

最初にレコーディングされたのは1926年だそうです。
Blackbirdは、幸せの青い鳥に対しての不幸せの黒い鳥、さようなら不幸せさんといった感じの曲ですね。

シンプルでアドリブの素材としては自由に展開できる曲ですね。

Miles Davis(Tp)のバージョンを有名なバージョンを聴いてみましょう。

トランペットがクールに吹いた後にサックスが熱く吹きまくる、その後ピアノが軽やかに演奏し、ラストはクールにトランペットで閉める。
マイルスバンドのアンサンブルは、静と動を活かして構成がよく練られています。

2020年09月01日 | Posted in ジャズスタンダード | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。