ジャズを学ぶ人にとって避けて通れないブルースいろいろ

ジャズを学ぶ人にとってブルースは避けて通れないわけですが、そのコード進行を使った様々なスタイルの曲をあげてみます。
もちろんこれはほんの一部で、ブルース進行の曲は本当にたくさんあるんですよ。
参考になれば幸いです。

ROUTE 66
スインギーで軽快な楽しいブルース。

Billie’s Bounce
ビバップのフレージングで作られているブルース。

Sippin’ At Bells
上記のBillie’s Bounceのコード進行をより複雑に変化させてあります。

Watermelon Man
ジャズとロックの融合。リズムアンドブルース的な感じです。

Stolen Moments
マイナーブルースを元にした曲。

Footprints
これもマイナーブルース。コード進行をモードっぽく変更してあります。

A Love Supreme, Pt. 3 – Pursuance
John Coltraneのアルバム「至上の愛」の中の一曲。なんだか難しそうに聞こえるかもしれませんがシンプルなブルースです。

2019年08月27日 | Posted in BLOG, 教材 | タグ: Comments Closed 

関連記事